スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜闇を駆ける命がけの飛翔「とある飛空士への恋歌 3巻」

とある飛空士への恋歌 3巻


犬村小六の「とある飛空士への恋歌 3巻」を読んだ。面白かった。

昨夜、森見登美彦氏の四畳半神話大系を読み終えて、
さーて次は恋歌3巻でも読みますかーと手に取ったら、
もうね、そこから止まらなかった。

まぁ前半は恋歌2巻と同じようにスク水だとかキャンプファイヤーだとか
ヒロインとの遭難イベントだとかみんなで作るラーメンだとか、
まぁ平たく言えば学園祭イベント目白押しな展開だったのですけど、
本番は163ページから始まった……!

もうね。すごい。この一言に尽きる。

もーオイラのような語彙の少ないだめだめ同人作家ごときでは、
この恋歌三巻の魅力を語り尽くせない。
物語の底にたゆたっていた主題をいっきにここで噴出させ、
恐怖も、哀しみも、闇雲な怒りもろともに、
すべてを夜の闇の中へ映し出してみせた犬村氏の筆力は
本当に『驚嘆』という一言でしか表せませぬ。

そして何よりも心を打つのが、
カラー口絵に刻まれたたった二行のメッセージ。

「生きていてほしい。
 どんなことがあっても。」


「とある飛空士への恋歌」という作品を読み終えた今、
このたった二行のメッセージがどれほど体の芯を穿つような迫力を持っているか、
読み終えた人にしかわかりますまい。
焼け付くような怒り、透き通るような願い、焦げ付くような後悔と、凍てつくような哀しみ。
叫んで叫んで、胸の痛みもせり上がってくる苦みもすべてを呑み込んで、
その先にようやくたどり着くことのできる、「生きる」ということの喜びと愛おしさ。

そしてこの叫びは、実は冲方丁氏も同じように作品へ捧げています。
冲方丁の傑作、オイレンシュピーゲルにおいて、
ヒロインである涼月は孤児たちに向かいこのようなメッセージを伝えました。

「希望があるから生きるんじゃない。生きることそのものが、最後の希望なんだ」

作品を超えて胸裏を穿つこのメッセージ。
「生きる」
というたった一言のこの言葉が、
余りにも痛烈なメッセージとなって読者の胸の中でいんいんと響き続けているのです。


恋歌は一巻も二巻もそれほどたいした構成ではなくて、
特に二巻に至っては人物相関図としても何の進展もないまま終わってしまったせいか
ここで評判をいっきに下げてしまった感がありましたけれども、
この三巻こそはまさしく犬村小六という作家の面目躍如たる
素晴らしい作品に仕上がっていたと断言できましょう。

これは恐るべき作品だ。

とある飛空士への追憶を気に入った人は絶対にこの三巻を読むべき。
「恋歌」という作品はまさしく「とある飛空士」シリーズの一作であり、
「追憶」という作品を愛した僕たちファンに対する作者からのプレゼントであるとすら言えるのではないでしょうか。

これは間違いなく必読の一冊。
みんな読め!悪いこと言わないから読め!本当に!



スポンサーサイト

彼女が恋人を好きになった理由

ふと気がつけばいつの間にやら年は明け、
あの思い出深き冬コミから1週間が過ぎ、
そしてとらのあな様で委託が開始しておりました。

サークルかかんかん「君の心は、そこにある 総集編」

というわけでコミケにてお会いできなかった皆々様におかれましては、
ぜひにこちらでお求めくださいますようお願い申し上げまするるる。




最近読んだ小説では冲方丁の「天地明察」がすげー面白かったりとか、
そうかと思えば同氏の「テスタメントシュピーゲル」が血湧き肉躍る展開が素晴らしくもあり、
あるいは森見登美彦の「有頂天家族」が可愛らしくて
ほのぼのしてて愛らしい狸たちにメロメロになったりしてたんですけど、
それよりも何よりもオイラを骨抜きにせしめたのが
MARUTAの「彼女が恋人(キミ)を好きになった理由(ワケ)」という作品でありまして。

うん、まぁみなまで言う必要もないけど、これエロマンガなんですね。

先日だんげさんとたまごさんが主催する年末マンガOFF会に参加したおり、
ヘドバンさんが「今年のエロマンガ10選」という素晴らしくもクルクルパーなトークを繰り広げてですね、
そこで紹介されていたのがこの「彼女が恋人(キミ)を好きになった理由(ワケ)」というエロマンガでありまして。

でね。

このエロマンガのなにが凄いって、
画風やシチュエーションやエロシーンのすばらしさなどは言うに及ばず、
特筆すべきは何を差し置いてもヒロインのツンデレっぷりに尽きるわけですよ。

もうほんとね。
特に度肝を抜かれるのがこのエロマンガの帯に刻まれたキャッチコピー。


「今のがファーストキスだけど
 別にアンタのことなんて
 好きじゃないんだからねっ!」



いやまぁなんつーか開いた口がふさがらないとはまさしくこのこと。

そんな恐るべき破壊力を秘め持つキャッチコピーにずたぼろにされつつも、
読み進めていけば我が愚息も猛りそそり聳え立つ風体をなすわけですが、
それでもこのツンデレヒロインの心情こそが本作における本質と言い換えられなくもないわけで、
それはまさしく171ページ目におけるたった2行の詩に集約されているといっても過言ではなく、
この詩を詠み上げるにつけエロマンガとは思えぬ切なさ・やるせなさに
身を引き裂かれる想いで満たされ尽くすのであります。

とまぁ結局何が言いたいかっつーと、
このエロマンガは非常に素晴らしい出来合なのでお前ら全員読んでみれば良いってこった。




以下コメント返信~。
>GFさん
早速のご感想、ありがとうございます!
今回追加した番外編が本編の蛇足になっていないか不安でしたが、
楽しんでくださったようで何よりです。
今後も創作活動は続けようと思うので、どうぞよしなに。

>堕辰子さん
コミケではサークルまでお越しくださりありがとうございました!
そして3冊買ってくださった方が堕辰子さんだったんですね。。。
後にも先にも3冊まとめ買いなんてお一人だけだったので、鮮烈に覚えておりますw
んでラブプラスでありますか。
いや、ラブプラスに限らずオイラがはまれる作品が何かしらあれば
その作品で二次創作をしたいとは思いますが、
今のところ初音ミク以上に思い入れのある作品がないため、
結局オリジナルで頑張ってみようかなぁと思った次第なのです。
なのでラブプラスで書くかどうかは未定なので、気長にお待ちくださいなー。

>yggさん
コミケではありがとうございました!
当日に初めて当サークルにお越しくださったのに
すぐにお読みくださったなんて、なんという奇特な方!(失礼)
つーかあれほど分厚い小説をお手にとってくださり、恐悦至極に存じます。なんともはや。
今後はオリジナルで活動していこうと思っております故、
もしよろしければお立ち寄りくださいませませ~。

>つねかさん
今回もコミケでお立ち寄りくださりありがとうございました!
そしてリン廃のカミングアウトをありがとうございますw
いやはや、この番外編がつねかさんのお気に召すものであるかどうか甚だ自信がございませんが、
それでもつねかさんのお時間のうちひとときでも楽しませることができたならば誠に幸甚でございます。
今後はオリジナルで活動していくことになるかとは思いますが、
ぜひともよろしくお願いしますですよ~。

>珠鈴さん
初めまして、そしてコミケではありがとうございました!
ま、まさかコミケ初参加でこれほど分厚い小説をお手に取られるとは・・・
なかなかの古強者でありますな。マジで。
リン廃の珠鈴さんを満足させることができた出来なのか自信はありませんが、
それでも楽しんでいただけているようで何よりでございます。
今後ともどうぞごひいきに!

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。