スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミクSSに関するお知らせ

今日はブログ拍手の返信のみとさせていただきます~。

>RainClowさん

このような辺境の地にて、
しかもあのようなアホみたいに長いSSまで読んでくださり
誠にありがとうございました!

実は私自身、Webにアップしていなかった分のミク小説を
ちゃんと全部アップしようかなぁと思っていた時期でしたので、
良い機会ですから残りをアップロードしていこうと思います。

本当は過去の分含めすべてpixivにアップロードしようと思ってたんですけど、
RainClowさんのように楽しみにして下さってる方がいらっしゃるのであれば
まずは本blogにアップロードし、その後pixivにアップしようと思います。

これから少しずつ作業に着手していこうと思いますので、
恐れいりますが少々お時間をくださいませ。

スポンサーサイト

国のためではない、愛する人のために散っていった特攻隊員たち「永遠の0」

永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
(2009/07/15)
百田 尚樹

商品詳細を見る


百田尚樹氏の「永遠の0」を読んだ。面白かった。

この永遠の0という作品は、太平洋戦争という
日本史上未曾有の惨禍に巻き込まれた青年たちの物語です。
太平洋戦争は侵略戦争だったとか、
アジア解放の意義があったとか、
そういう政治的な意味合いはこの物語の中では問われません。
この小説の主人公は、歴史の渦に巻き込まれたごくごく普通の日本人青年たちです。

そのなかでも特にクローズアップされているのが、
特攻隊員として散華した若者たち。
ほんの1年前までごく普通の若者として生活していた青年たちが、
ある日赤紙ひとつで恐ろしい戦争へ身を投じなければならなくなってしまいます。

九死に一生、という言葉があります。
決死の覚悟、という言葉もあります。
それが戦争である限り、死を覚悟して敵機を迎え撃つのは軍人として理想の姿でしょう。
例えそれがつい1年前まで一般人だった青年としても、同じかもしれません。

しかし、それが特攻となれば話は違います。
特攻は十死零生です。
一度出撃すれば彼らを待つのは「死」以外何もありえません。
国を守るために死を覚悟して戦うことと、
国のために文字通り「死ぬ」ことは根本的にまったく違うことなのです。

一度出撃すれば絶対に助からない作戦を前に、青年たちは大いに苦しみます。
悩んで、苦しんで、葛藤して、しかし最期には達観して、
「お国のために」と言い残して必死の作戦へ身を投じるのです。

彼らは泣き叫んだりしませんでした。
苦悩を遺書に書き残したりもしませんでした。
そのようなことをすれば、軍部に検閲されたときに
「非国民」「軟弱者」のレッテルを貼られてしまうこともあったでしょうが、
それ以上に、死にゆく息子が死の間際まで嘆き、葛藤し、苦悩していたことを
両親が知ったとき、どれほど悲しむことだろうと想像した青年たちは、
文字通り最期の親孝行として
「お国のために悔い無く死んできます」
とだけ手紙に書き添え、太平洋の海に散っていったのです。

しかし彼ら特攻隊員の家族が戦後に迎えた運命はあまりに悲惨でした。
その一例を本書のなかからご紹介しましょう。

戦時中、特攻隊員として散華した青年たちは英霊として祀り上げられ、
一時は人々から英霊の親族としてもてはやされていました。
しかし戦争に負け、アメリカの戦略により民主主義へ転換されてからは一変、
元兵士とその親戚は戦争犯罪人として差別され、
とりわけ特攻隊員にいたっては彼らの墓を建てることすら許されませんでした。

特攻隊員第一号である海軍の関行男大尉は、母ひとり子ひとりの家庭で育ちました。
関大尉は特攻第一号だったこともあり、戦時中は軍神として日本中にその名を轟かせました。
しかし戦後の民主主義になってからは戦争犯罪人の母親として差別されて、
行商で細々と暮らし、最後はとある小学校の用務員としての職を得たといいます。

しかし身寄りのないお母さんは用務員室で、
たった一人ぼっちの寂しい死を迎えます。
そんなお母さんは、最期にこのような言葉を遺しました。

「せめて、行男の墓を……」

お母さんの無念、悔しさ、口惜しさたるやどれほどのものだったことでしょう。

戦争とはかくも残酷なものです。
そのなかでもとりわけ、特攻は国民に対する犯罪と言って差し支えない作戦と言えるでしょう。
特攻よりも大きな被害をうけた作戦は世界中にたくさんありますが、
これほど「人間」の尊厳を軽視した作戦は、もはや作戦ではなく暴挙なのです。

戦争の痛み。
特攻の悲しみ。
死というものがあまりに身近にありながら、
それでも近しい人を守るため散っていった若者たち。

この「永遠の0」という物語は
戦争というものがもつ凄まじい痛みを
生々しく、鮮烈に描ききった素晴らしい傑作と言えましょう。

戦争世代が少なくなってしまい、
その生の声を後世に伝えることが難しくなってきてる昨今だからこそ、
ぜひ読んでいただきたい一冊です。

アウトラインプロセッサ「Tree」の魅力!

さてさて、これまで自分はプロット作成するためにStoryEditorを使ってたんですけど、
このたびMacを新しく買ったため
その辺のフローを新しく考えなおさねばならんなぁ、と思いまして。

んで執筆はATOK for Macを使いつつiText Expressを利用すれば良いとして、
問題はプロット作成のためのアウトラインプロセッサなんですね。

でー先日のブログでも書きましたが、
なんとかMac上でStoryEditorを使えるように頑張ってたんですけど
結局実用に耐えられないということで、
やはりMac純正のツールを使おうと思い。

で。

そのツール候補として現在考えてるのがTreeというツール。



ご覧のとおり、Treeの見た目はすごくシンプル。
でもこのシンプルさが逆にすごく使いやすくてですね。
とりあえずTreeの基本操作を列挙しますと、

 ・Enterキーで直下に新項目を追加
 ・Shift+Enterキーで新項目を挿入
 ・Tabキーで下位へ移動
 ・Shift+Tabで上位へ移動
 ・Command+Shift+7でノート編集

こんな感じ。
いや本当はもっとたくさん機能あるんですが、
でも実際に使うのはこの機能くらいのものだし、
実際これだけで充分プロット作れちゃう。



もちろん、StoryEditorの方が優れてる点はあります。
やはりTreeに移行して最初のうちはその「StoryEditorにできてTreeにできないこと」が
気になって気になって仕方ありませんでした。

ちなみにその機能とは、
『各項目の「ノート」に相当する部分が別ペインになっている』こと。



このように別ペインになっていることで、
各シーンの詳細や伏線を書き込めるんですよ。
しかもノートにはリッチテキスト形式で書き込めるため、
ボツにしたアイデアに取り消し線を入れたり、
重要なポイントを赤字や青字で表現したりと非常に自由度が高いのです。


■StoryEditorのノート機能は使いやすいが……

しかし、そんなStoryEditorにも欠点はあります。
これはTreeを使い始めて初めて見えてきた欠点であり、
先ほど挙げた長所が逆に短所になってしまっている、と言えるものなのですが、
それは『プロット全体の流れを俯瞰して見られない』という点。

これは具体的にどんなことかというと、
プロット全体を俯瞰するためには当然左ペインの各項目の流れを目で追うことになります。



しかしこのプロットを見て、どの項目でどんな場面を描くべきか、
パッと見ではわかりづらいんですね。

なぜこのような書き方になってしまうかというと、
先述したとおりStoryEditorには使い勝手のよいノート機能があるため、
詳細な場面や重要ポイントはすべてこちらに書いてしまうのです。
結果、項目名だけを見てもプロット全体の流れを把握することは難しくなってしまうという
弊害があります。

しかしTreeの場合、そもそもノート機能の使い勝手が良くないので、
項目名だけでそれがどんな場面なのかを端的に書く必要があり、
またノート機能も使いづらいためどうしても1~2行でまとめようと
心がけるようになります。
それに加えてTreeは項目の追加がEnterキーひとつで出来るため、
ノートを使わずにどんどん新しい項目を追加していって、
結果的に見やすいプロットが完成されるのです。

もちろん、同じ事はStoryEditorで実現できます。
しかしStoryEditorの場合はどうしてもノート機能に頼りがちになってしまい、
項目名だけで全体を俯瞰できるプロットを作成するということがなかなかできないのです。


そんなわけで、自分が小説を書く際には
しばらくTreeを使ってみようと思います。
もしWindowsユーザの方がいらっしゃったら、
同じようなサービスをクラウドで利用できるCarbonFin Outliner Onlineがおすすめ。
クラウドサービスなので「ボタンひとつで何でもできる」というわけにはいきませんが、
シンプルさとクラウドサービスならではの「情報共有」という強みがあるので、
もし気になってる方がいらっしゃればぜひ使ってみてください~。

MacでWindowsアプリを動かせる凄アプリ「MikuInstaller」だけど……

というわけでMikuInstallerを使ったWindowsアプリの起動を試みていたのですが。

結論を言いますと、やっぱりMikuInsitallerを使うのはやめようかな、と。

というのもいくつか理由がありまして。

■見た目がよろしくないのはまだしも、実用性が……

以下ひとつひとつ詳細に解説しますと。

1.ファイルとアプリを結びつけられない

これ地味に重要なんですよ。
例えば自分は小説のプロット作成にStoryEditorを利用してるんですけど、
このStoryEditor、拡張子がsefというファイルで保存されるんですね。
なのでsefファイルを開くときはデフォルトでStoryEditorを通して開くようにしてほしいんですが、
StoryEditorはMikuInstallerを通してしか起動できないため、拡張子とアプリの紐付けができない。

いや、StoryEditorを開いてからsefファイルを開けば良いだけなんですけど、
それが地味に不便なのでちょっと嫌だなぁと感じてた次第。


2.起動が遅い

まぁWineを通して起動するわけですから起動が遅いのは当然ですよね。
でも一度起動してしまえばその後の動作はめっちゃ快適です。


3.字が潰れてしまう

これもWindowsアプリを無理やりMacで動かすことの弊害なのかなぁ。
MS明朝はもちろんのこと、ヒラギノ(?)体表記とかしても文字が潰れてしまって、
せっかくのMacのステキディスプレイに表示される文字がすごく見づらくなってしまうんですね。


↑こんな感じで潰れちゃう

まぁ実用上はあまり影響ないんですけど、
でもせっかくMac買ったのだからそこを妥協したくないなぁという思いがありまして。


4.起動が不安定

これまでに挙げてきた欠点はね、まぁ目をつぶれるんですよ。
起動が多少遅くても、文字が見づらくても、まぁ実用上はさほど影響ありませんし。
でもね。起動が不安定なのは致命的。
まぁどんな症状が起きるかというと、
秀丸で環境設定を変更してるとおもむろに落ちてしまうんですよ。
Google先生に聞いたところXquartzを最新に上げることで安定するという情報もあったのですが、
最新にインストールしてもやはり状況は改善されず。
しかもXquartsをインストールしてからOSそのものの動作も不安定になってしまった気がするし……
もうこの時点でおいらのヤル気がいっきに削がれてしまいましたわ……。


5.カーソル操作がしづらい

そしてこれがダメ押し。
次のページへの移動とか、カーソルでページ下部を表示させたりとか、
そういうカーソル操作がすごくやりづらい。
自分は次の5行を表示したいだけなのに、
ちょっと操作しただけでページ最下部までカーソルが移動してしまう感じ、
と言えば伝わりますかね?


■まとめ

起動が遅かったり、見た目があまりよろしくない点については目をつぶれたんですよ。
しかし起動が不安定だったり、操作しづらいという
実用してるときにストレスを感じる欠点についてはどうしても譲歩できず、
結局自分はMikuInstallerを使うのを断念しました。

そしてやっぱりMac純正のツールを使うのが一番か、
と思い直してアウトラインプロセッサを探していたところ、
Treeというアプリを見つけました。

このTreeについてはまた今度ご紹介しようと思います。ではー。

夏コミお疲れ様でした&Macとの日々

いやはや、8月14日はどうもお疲れ様でした!
今回もコピー本のみの頒布となってしまったために
相変わらずブログでの告知などはまったくしていなかったにもかかわらず、
たくさんの方に遊びに来てくださいまして本当に感激しました。

この感動を忘れぬうちに執筆を再開し、
ぜひぜひ皆さんに「面白い」と言っていただけるような作品作りを心がけますので、
今後ともどうぞよろしくお願いいたします!



で。

おいら人生初のMacを購入せしめたわけですが、
どうにもこうにもまだまだうまくいかないことが多々あってですね。

でーそのうまくいかないことのひとつに
「Windowsアプリが動かない」
ということがありましてね。

いやMacなんだからWindowsアプリが動かないのは当たり前だろファッキンジャップって感じなんですけど、
そこはやはり業深き人類の性と言いましょうか、
やっぱりWindowsアプリもMac上で動かせたらステキじゃないですか。ね!?(睨み効かせながら)

というわけで半ば諦めつつも何か打開策はないかとネットの海を探してたら
macで秀丸エディタを動かす凄いフリーソフト MikuInstaller
という記事を発見。

どうやらこれ、仮想環境とかを構築することなく、
WindowsレイヤのWineというアプリ(?)を使い、そのうえで実行することで
Mac上でもWindowsアプリを動かせる、というものみたい。

おおおお、なんと素晴らしい!
というわけで早速インストール!



でーこのあと秀丸エディタもインストール。



そしたらユーザフォルダのApplications→MikuInstallerの下に秀丸.appが出現。



こいつをダブルクリックしてやれば……



問題なく起動。
ただ最初に起動すると必ず一回落ちて、
そのあともう一回ダブルクリックするとちゃんと起動する、という謎の現象ががが。
しかも不安定なのか、頻繁に落ちるし。

あーこりゃーダメなのかなーと思ってたところ、
どうもXQuartzというターミナルを入れなおしてあげることで安定するらしい。
もっともこれはMac OS X 10.6時代の話で、
これと同じことが10.7でも通用するとは限らないんだけれども。
しかし試してみる価値はあるので、ちょっと試してみますかー。

続報はまた。

なんか素敵なノマドカフェがあるらしい

tottoのライフログさんでご紹介されてたノマドカフェ「THE TERMINAL」が凄く気になる。

tottoさんもご紹介されてますけど、
まぁこのカフェ、凄く設備が良いんですよ。
つっても設備の全てはABOUTに一言×10数行程度でしか紹介されてないんですが、
そこから想像するにかなり居心地がよさげ。

というのも、おいら勉強するときとか小説書くときって大体同じカフェを使うんですけど、
それぞれの長所・短所を挙げさせていただきますとね。

銀座ルノアール
 長所:
  1. コンセントを使える
  2. 無線LANが使える
  3. コーヒーがおいしい
  4. コーヒー飲み終えちゃうと温かい緑茶をサービスしてくれる
  5. 店員さんの「いつまでいても良いですよ」オーラがハンパない
 短所:
  1. 椅子の座り心地がちょっと悪い。長時間座るとお尻が痛くなる。
  2. 長居する人が多いため、うるさい人が隣に来ると大変。

上島珈琲店
 長所:
  1. コーヒーがおいしい
  2. 店によっては無線LANが使える(おいらの最寄りでは無線LAN使えない(´・ω・`))
 短所:
  1. 椅子の座り心地が決してよくない
  2. コンセントがないため長時間の執筆には向かない

エクセルシオール
 長所
  1. 椅子の座り心地が最高
  2. コーヒーが安い。
 短所
  1. 価格がお手頃なので終始店内は騒がしい

てな感じなんですよ。
でー総合的に考えるとやっぱりルノアールを利用することが凄く多かったんですが、
そこへガツーンと新しい選択肢として君臨してしまったのがTHE TERMINALというカフェなわけですよ。

こちらのシステムを簡単に言うと
  • コンセント使えるよ!
  • フリードリンクだよ!
  • 30分190円からだよ!
  • 簡単な食事も出せるよ!
  • 24時間営業だよ!
  • iMacもあるよ!
  • Adobe CS5.5もMicrosoft Officeもあるよ!
  • 会議室やセミナールームも使えるよ!

てな感じ。
おいらのなかで優先度の高いものほど上に置いた感じですけど、
まーとにかく勉強&執筆のために準備・整備された環境作りがホント心憎い。

んで忘れてならないのが、同じコンセプトのサービスとして、
数年前から同様のサービスを提供してる秋葉原製作所
この秋葉原製作所とTHE TERMINALを価格や座席数だけ見て単純に比較すると、
若干THE TERMINALの方が安くて、座席数もTHE TERMINALの方が多いって感じ。

もっとも秋葉原製作所はあくまで「同人誌を製作する」場として特化してるので、
紙原稿に絵を描くため温度/湿度には充分気を使ってらっしゃいますし、
また入稿やコピー本作成も店員さんが親身になって協力してくれるのが凄く高ポイントですかね。

とまぁここまでダラダラ書いてますけど、
これ以上書くならば実際にTERMINALを利用せねば、あ、なんめぃ!というわけで
今度の週末にでも突貫してみる所存。
レポをご期待くださると幸い。


……て、TERMINALの場所って原宿なのな。
大丈夫か、あんなおしゃれな街に行っても。死ぬんじゃなかろうか。窒息とかで。

めっちゃお久しぶりです


はい、というわけで缶なんですけれどもね。

まーホントめっちゃお久しぶりです。
つーか前回の記事が1年前の夏コミの宣伝なんですね。

あのころはなー。
初のオリジナル同人誌っつーことでめちゃくちゃ気合い入れてたんだけどなー。
どうしてこうなっちゃったんだろうなー。

などとなかば他人事風味に考えていたところ、
大体こんな感じで堕落していってたことを思い出しました。



2011年8月 夏コミ直後
 友人のまころさんがTwitterにて
 「宇宙にひとり取り残された女の子の物語を読んでみたい」
 的な主旨の呟きをなさる。詳細は覚えてない。
 
 ↓
 
 こいつぁ面白そうだと思いちゃちゃっと短編小説のプロットを作ってみる。
 
 ↓
 
 プロット完成。せっかくなのでこの短編を冬コミで頒布しようかと企む。
 あやかし?
 まあコミティアとかで出せば良っかなー。
 みたいな感じで結構のほほんと考えてた。

2010年10月
 シュタインズゲートにドハマリする。
 
 ↓
 
 ぜひシュタゲの小説を書きたいと企み、プロットを作ってみる。
 
 ↓
 
 プロット完成目前というところで、すでに11月。どう考えても冬コミに間に合わない。
 というわけで冬コミではあやかしのコピー本で御茶を濁すことに。

2011年年明け
 友人のほりおさんからゲスト原稿を依頼される。
 
 ↓
 
 めっちゃ気合い入れてプロット作る。
 
 ↓
 
 もはや「二次創作」というより「本格SF」の様相を呈してきたところで
 「あれ、これゲストと呼ぶにはあまりにも本格的すぎね?」
 と嫌な予感が去来するも既に後に引けないところまできてしまったために
 とりあえず最期までプロット作る。
 
 ↓
 
 2011年3月。
 プロット完成。しかし凄まじい大ボリュームに。
 後の祭、覆水盆に返らず、後悔先に立たず。
 結局ゲスト原稿としてほりおさんにお渡しできたのは最初の3ページだけ、
 あとは「続きはWebで!」形式で御茶を濁すことに。
 
 ↓
 
 しかも上記のゲスト原稿は最後まで完成できていないという体たらく。




で現在に至る、と。

この1年でおいら学びました。

色々手を延ばすと結局すべてが中途半端に終わってしまうということに。
齢31にしてようやく悟りました。
えっと、ごめんね段取りの悪い三十路で。

というわけで。

今後はマジであやかし一本にしぼるよ!
他のゲスト原稿なんて安請け合いしないよ!
つーかほりおさんには迷惑かけ過ぎてあやうく首を絞められかけたからね!


で。

今度の夏コミもあやかしで取らせていただきましたが、
いかんせん上記のような体たらくのため今回もコピー本でございます。
本当にごめんなさい。

なのでコピー本とはなりますが今後もブログをちょこちょこ更新するとともに
なんとか冬にはちゃんとした本を出せるよう頑張る所存ですので、
どうぞご贔屓に。

SGP クエル H10 スタイラスペン 【 ホワイト 】 for iPhone / iPadSGP クエル H10 スタイラスペン 【 ホワイト 】 for iPhone / iPad
()
SGP

商品詳細を見る
iPadで議事録を取るために購入。
結果、手放せないくらい素晴らしいクオリティにめちゃくちゃ満足してます。
ペン先が柔らかいためiPad上をすべるような書き心地が凄く気持ちいいし、
キャップがついてるためペン先が潰れてしまう心配も無し。
またペン後部が伸びるようになってるので、
使わないときはコンパクトに、使うときはペンを伸ばして書きやすく、
という使い勝手を重視した設計思想も◎。
これは本当にオススメです!
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。