スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

細密に配置された伏線が一点へ収束していく快感「アクロイド殺し」

アクロイド殺し


アガサ・クリスティの「アクロイド殺し」を読んだ。面白かった。

ミステリー小説としてこれほど有名な作品というのも他には無いと思いますが、
小説読みとしてはこの本を読まずして何が小説読みか!と自責の念に駆られたために
この度ようやく読み終えた次第であります。

そしてつい先ほど読了した現在。
この本を表現する言葉としては、「傑作」以外の単語が思いつかないわけでして。

その緻密に配置された伏線と、
次々に明かされる新事実、
そして新事実によって変貌していく事件の全容。

容疑者とその人間関係、彼らのアリバイや殺害時刻、
それらがページを捲る度にあれよあれよと覆され、
最後には登場人物全員が疑わしい状況に追いやられます。
ミステリー小説として、
これほど完成されたプロットは他にないのではないでしょうか。

俺はこれまで読んできた小説の中で最高のミステリー小説とは
我孫子武丸氏の「殺戮に至る病」であると固く信じてきましたが、
この世界中のミステリーファンを魅了してやまない超傑作を前に、
その自信はもろくも崩れ去ろうとしています。

面白い。
この小説を表現するのに、
これ程的確な感想が果たしてあるのでしょうか。

他にどのような感想を書こうとも、
全てが蛇足であり、全てが興を削ぐものであり、全てがネタバレへ繋がってしまう。

俺はこの小説を読む前に、
前知識として犯人が誰なのかを知った上で読み始めてしまいました。
それはこの小説が余りにも有名すぎたがために
犯人像が作品の名前と共に一人歩きしてしまったために生まれた事態なのですけど、
そんなオイラでさえも、この小説を心の底から楽しむことができました。

そして、もしこの小説の犯人をまだ知らない方がいたら、
ぜひ今すぐに読み始めるべきです。
アガサ・クリスティが生んだミステリー小説史に名を残す素晴らしい大傑作を、
何の前知識もなく読むことの出来る幸運を噛み締めるべきです。

計算され尽くしたプロットと、
怒濤のように流れてくる推理と論理の奔流に身を委ねる快感を、
ぜひあなたも体験してみてください。

 




ねぎだけでじゅうぶんですよ




久々に動画で鳥肌が立った。
どこで鳥肌が立ったかは察せ。
つか見ればわかるからおまいら全員見ろ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

vhotw

qumrsfz

ppc http://www.freecreditreportsfromall3bureaus.com/#11825 free credit reports from all 3 bureaus
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。