スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラストの二行で震え上がれ「イニシエーション・ラブ」

夏コミ新刊「君の心は、そこにある」はとらのあな様で委託販売中でございます。
もしご興味をお持ちの方は是非。





イニシエーション・ラブ

乾くるみの「イニシエーション・ラブ」を読んだ。面白かった。

圧倒的である。
これはもはや傑作とか力作とか、むしろ本当に「面白かった」と表現しても良い物なのか、
『作品とはいかなるものなのか』という根源的な部分に疑問を持ってしまう程に、
凄まじい構成力を見せつけられてしまう、そんな物語でありました。

この小説が面白かったかと問われれば、
僕はきっと「それほど面白くなかった」と答えてしまうかも知れません。
ですが同時にこうも答えると思うのです。
「気になるのであれば、とにかく読んでみろ」と。

面白いか面白くないかで問われれば、
僕はそれほど面白いとは思えませんでした。
しかし面白くないからと言って人に勧めたくない作品かというと、
それは全く逆なのです。

これは沢山の人に読んで欲しい。
沢山の人に読んで貰って、沢山の評価を聞いてみたい。
何はなくともそのプロット力・構成力の妙について、ただただ語り合いたいのです。

一見すれば、この小説は何てことのない、巷に溢れきった恋愛小説に過ぎません。
しかし最後の二行、たったの二行で、何の変哲もないこの恋愛小説は、
恐るべきミステリー小説へと変貌を遂げるのです。

「もう一度読み返したくなる小説」

このキャッチコピーに嘘偽りはございません。
最後の一行を読み終えた其の瞬間、
それまで張り巡らされた様々な伏線は、
それまでとは全く異なる様相を伴いながら、
読者の脳内を恐ろしいまでの勢いで走り抜け、撃ち抜き、蹂躙し尽くすのです。

いま僕が抱いているこの読後感をどのように表現すれば良いのか、
語彙が少なく描写力に乏しい僕ごときでは、どうにも筆舌に尽くしがたく、
いてもたってもいられない焦慮感だけが胸を焦がし続けています。

素晴らしい読後感を与えてくれた小説の代表と言えば、
僕は真っ先に「とある飛空士への追憶」を挙げることができます。
この物語は大変に素晴らしいものでした。
手に汗握る空戦と、美しい姫君とのロマンス、それらを絶妙なバランスで織り交ぜたクライマックス。
これは誠に見事と言う他ない小説でありました。

あるいは、我孫子武丸の「殺戮に至る病」。
これもラスト一ページにおける衝撃の大きさで言えば、
やはり表現に難い物語であると言えましょう。


これら二冊と同程度のインパクトを、
「イニシエーション・ラブ」という物語は秘め持ち合わせているのです。

とにかく、読め。読んでみろ。
面白いか面白くないかという評価ですら、この物語に対しては蛇足に過ぎない。
まずは読んで、その周到で緻密とも言える構成力に、
急流に呑まれるがごとき覚悟を以て身を任せるのだ。

どのような感想も全てが蛇足に過ぎず、
どのような評価も全てが剰余に過ぎない。

それほどまでの圧倒的な物語を、是非皆さんも体験してみてください。


あ、でも最後に一言だけ感想を言わせてくれ。

女って怖い。







拍手コメント返信~。

>ピロウキャットさん
> EVEの時間面白いです!薦めてくれてありがとう!
EVEの時間面白いでしょう!
オイラもアンドロイド物の小説を書いている身の上なので、
こういった物語にはいかんともしがたい魅力を感じてしまうのですよ。
つか続編が待ち遠しくて仕方ない。


>黒猫兎さん
> さーせんwww実は私もびしょ濡れでしたwwwwどしゃーーーwww
> そして帰りに土砂降りにやられたので全身濡れましたwwww
> でも、同人誌は守ったぜぇ!!w

そのオタク魂に畏敬の念を抱くと共に戦慄を禁じ得ませんwww
> 忙しくてまだチビチビとしか読めてないけどちゃんとじっくり読むんだかね!!!www
おうさ! そうしてじっくり読んでくれると、こちらとしても書いた甲斐があったというもんさ!
まぁゆっくり読んでくださいな!
オイラの執筆スピードもいい加減遅すぎるのでw
> 煩悩カレーは賞味期限ギリギリまで飾っておくしかないですよねjk!!www
> でも、あえて私はカレーを全身にぶっ掛けようと思いますwww
> 千恵先生に怒られちゃうーwwwww

賞味期限ギリギリって、このカレー賞味期限が2010年ですぜ。
もはや新手の嫌がらせ&マゾプレイだなw
いや、でもこのカレーは美味しくいただこうと思うデスよ!
本当にありがとうございました!

>GFさん
いやはや、そこまで仰ってくださると逆に恐縮してしまいますwww
夏コミのときに立ち寄ってくださったならおわかりかと思いますが、
オイラはしがないデブキモヲタであり、会社も倒産した負け組サラリーマンですので、
ホント居丈高に接してくださって構いませぬことよ!
それこそ汚い豚を見るような目つきで。
そうすると俺が喜びます。こうゾクゾクっと。

んでひぐらし本についてですけど、
残念ながらこれは全て完売してしまったですよ。申し訳ありません。
というのもこの本は完全に赤字頒布だったため、
なかなかおいそれと印刷できないのですヨヨヨ。。。
もし気になるようでしたら、各種SS目次から読むことができますので、そちらで補完くださいませ。

それと冬コミでもお待ち申し上げております。
是非に遊びに来てくださいね!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

お久しぶりです

お久しぶりです。どんでございます。なんだか缶さんや皆さんがコミケの話をしていたので田舎者でコミケに行けない私は多少の疎外感を感じていたり…
直接感想等々を伝えたいのですがいかんせん財布がさみしいもので…

最後の二行で恋愛小説がミステリーですか…
そんな小説を読んだことがないので想像もつきませんね…
機会があれば是非とも読んでみたいものです。

あとひぐらしSSのほう読ませて頂きました!!
やはり缶さんは素晴らしい文才をお持ちですね!
魅音スキーな私は情が移りきってしまって顔面が涙でぐじゅぐじゅになりましたよ( ┰_┰)
あとこれから米を公開させて頂くことにしましたのでどこか問題があればご指導のほどを宜しくお願いいたします。
ところで缶さんはひぐらしキャラでは誰派なんですかね?

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。