スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初音ミクSS「君の心は、そこにある」第三章~懊悩~

幕間 其の三[4]




まず常時演算が繰り返されている危機確率だが、

これまで『道に穴が空いている』『ボールが飛んでくる』などの直接的な、

物理的な危機しか予測をしてこなかった演算を、

対象範囲を広げて『人物』『状況』などをもFacilityとして扱う事とした。

また、危険度をより正確に把握するため、

得られた演算結果を五秒間隔で七段階のレベルに分けるようにした。

そして極めて危険な状態であると判断される上位三レベルに対応する状況に遭遇した場合には、

映像ログと音声ログをサテライトサービスによってデータセンターへ転送する機能を新たに付与した。



続いて睡眠時に記憶整理のために始動されるILMAにも改良が加えられた。

これまでは不必要なデータについてはそのまま削除していたが、

新たなILMAでは不要データを削除するのではなく、

データセンターへアーカイブ(移動)させることにしたのである。

この設計変更により、データセンターに格納されるデータ量が

一日当たり数十テラバイト単位で増加し続けることとなり、

ストレージ維持費用が莫大な金額となってしまったが、

クリブトン社の伊東社長はそれもやむなしとの判断を下した。

それだけアンドロイド襲撃のリスクが高い事を示している。



そして『MEIKO』襲撃事件が与えた影響は設計変更だけにとどまらない。

クリブトン社で幾度かの役員会議が繰り返された結果、

自律型アンドロイド第二弾は警備用途として開発することが決定されたのだ。

これは明らかに襲撃事件を警戒しての決定であった。



表向きには警備用途アンドロイドの開発を

「凶悪化、巧妙化している世の中の犯罪から、法人・個人のお客様を守り、

 安全と安心という『あたりまえ』のサービスを提供するため」

と説明されたが、「襲撃を受けた際に自衛できるアンドロイド」の開発こそが目的であり

本音であることは誰の目にも明らかだった。



一年後、クリブトン社製自律型アンドロイド第二弾として、

企業向け警備用途アンドロイド『KAITO』が出荷された。

前身である『MEIKO』の反省を踏まえ、『KAITO』にはデフォルトで自衛機能を搭載させた。

『KAITO』の自衛機能とは簡単に説明すると以下のようなものである。



危機確率演算の結果について、Facilityを含めて危険度を七段階のレベルに分ける。

そしてもし危険な状態であると判断された場合には、

映像ログと音声ログをオペレーションセンターへ転送する。

ここまでは『MEIKO』の機能とほぼ変わっていない。

だが『MEIKO』と一線を画す機能は、映像・音声ログを転送した後、

『KAITO』はオペレーターに対し、襲撃者への反撃許可を求める。

そしてオペレーターから許可が下りた場合、『KAITO』は猛然と反撃を行うのである。

勿論、反撃と言っても相手に怪我をさせるようなことはなく、

せいぜい手足を縛って行動不能に陥らせる程度のものでしかない。

しかしこの新機能によって、アンドロイド襲撃者の検挙率は

『KAITO』発表前に比べて約三倍にまで上がった。

一見するとこの自衛機能は大変な効果をもたらしたように見えるが、

実際には襲撃件数そのものが以前と比べて倍以上増加していたため、

問題の根本的解決とはほど遠い、一時凌ぎの対症療法に過ぎなかったのである。



勿論、対症療法のままで良しとするクリブトン社ではない。

警察の協力の下、抜本的な解決を図るために、

襲撃者たちの犯行動機をリストアップしデータベース化した。

それらを大別すると、『アンドロイドのせいで不利益を被った』といった逆恨みによるものから、

『襲撃を受けたアンドロイドが行動不能に陥る際、生物のようにピクピクと痙攣するのが面白い』

といった嗜虐心を満たすためだけの犯行など多岐にわたったが、

最も多かった動機が

『ストレス発散のため何かに当たり散らしたかった。

 人間を襲うと重罪だが、アンドロイドならば破壊しても器物損壊に問われるだけなので

 軽い罰則で済むと思った』

というアンドロイドを軽視するがゆえの犯行だった。


初音ミクSS「君の心は、そこにある」幕間 其の三[5]へ

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。