スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

主に読書感想文しかないよ

ここで告知。
これから初音ミクSSの更新頻度は下がりまする。
というのも、今月に入ってからは暇さえあればSSの執筆をしていたのですけど、
これからは空き時間を勉強に使いたいな、と。
なので気長にお待ちいただければと~。






大久保真紀の「買われる子供たち~無垢の叫び~」を読んだ。面白かった。

何とも痛々しい、この一言に尽きる読後感。
僕たち日本人からは想像だにできない程の貧困から逃れるために、
売春という職業に身を落としていく少女たち。
しかしその少女達にとって何よりも悲惨だったのが、
「自分たちは体を売らされていくのだ」
という現実を認識していなかったことでしょう。

問題の根底には、確かに貧困という現実があります。
しかし売春という仕事がどれほど過酷であり、
どれだけ悲惨な結果をもたらすのかということを知っていれば、
彼女たちも「こんなにうまい話があるはずない」と突っぱねられた筈なのです。
そう、つまりは、教育。
彼女たちに足りないのは、知識であり、それを習得する機会となる教育なのです。

売春宿から無事に逃げられた少女達は口々に言います。
「売春という仕事があれほど過酷だと知っていれば、私は絶対に行かなかった」と。
売春に身を染める女性の中には、
「自分はこれから売春をしに行く」と覚悟を決めて仕事をする人もいますが、
そういった女性ですら、現実の仕事ではその余りの過酷さに精神を犯されていくのです。

一日に10人もの客を取らされる少女。
食事は一日に一回。しかも自分で用意しなければならない。
なけなしの米と、カレーの色だけがついたような薄いスープ。
食事はたったこれだけ。
出入り口には見張りが立てられ、簡単には逃げられない状況。
そしてもし見つかってしまえば、恐ろしい折檻が待っている。
仮に逃げられたとしても、警察に逃げ込んでしまえば、
賄賂を握らされた警官に元の売春宿に戻されるだけ。

逃れる事の出来ぬ地獄。

映画や小説の中でしか見た事のないよな恐ろしい世界が、
現実のものとして、アジアに存在するのです。

これは、面白かったと表現するのは凄く不謹慎ですが、
しかし
『多くの人に読んで貰いたい』と思えて、かつ
『ひどく感情を動かされ、考え方を改めさせられた』
という感懐を抱いたのであれば、やはり僕は敢えてこの言葉を使わせていただきます。
面白かったと。

これは是非、世界の現実というものを知るためにも、
僕たちが暮らしているこの社会とは全然違う世界があるという現実を知るためにも、
是非にお手にとって一読していただきたい一冊でありました。

オススメ。




備忘録なので一言感想。




田中ロミオの「AURA~魔竜院光牙最後の戦い~」を読んだ。面白かった。

なんと甘酸っぱいボーイミーツガール。
いやそこは田中ロミオなのでタダのボーイミーツガール物に
収まっているわけがないのですけれども、
それでもクライマックスにおける主人公の覚悟とひたむきな想いは
興奮の一言では片付けられない程の盛り上がりを見せてくれます。
オススメ。




鎌池和馬の「とある魔術の禁書目録 一巻」を読んだ。面白かった。

これぞラノベ!
という作者っつーか編集者の叫びが聞こえてきそうな程、教科書的なラノベ。
かと思いきやラストでびっくり。マジか。マジなのか。そう持って行くのか。
何かこの終わり方を見ると、
どうしてもフェリーニの「道」を連想してしまうのは俺だけか。俺だけだな。
んでまだ2巻を読んでいないのですけど、
1巻でこういう終わり方をしてしまったいま、
この後どうやって続けていくんだろ。
気になりはするもののまだ続刊を読んでいません。
アニメが始まるまでに3巻までは読み終えておこうと思った物の、
まー無理だな読書スピード的な意味で。
諦めてアニメを先に観よう。




歌野晶午の「葉桜の季節に君を想うということ」を読んだ。面白かった。

ラストにおけるどんでん返しがすっげー有名な小説ですけれども、
このラストにはどうしても納得いかない。
いや、イニシエーション・ラブの構成力が完璧すぎたため、
これを読み終えた後に「葉桜~」を読んでしまったから
こういった中途半端な感想しか感じられないのかもしれないけど、
まぁ何が言いたいかっつーとイニシエーション・ラブは最高ってことだ。
お前ら良いから全員読め。




板谷利加子の「御直披」を読んだ。

この本を読み終えた今、次回作のタイトルは
「ペニスのない王子様」とかにしようかと思った。本気で。




コメント返信~。

>どんさん
いやはや、いつもいつもご丁寧な感想を本当にありがとうございます。
そこまで楽しみにしてくださっていると、
こちらも執筆のしがいがあると言う物ですよ!
ただ次回更新分はちょっと長くなりそうですし、
しかもオイラ自身が勉強しなければならないため、
また更新が止まってしまうかと思います。
なんとも楽しみにしてくださっているどんさんには誠に申し訳ないのですが、
それでもお待ちくださいますと幸いでございます~。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

缶さんの読書感想文を見ると全部読みたくなるから困りますww

更新のことについてですが、私はいくら間が空いてもここから離れる気はありませんので、どうぞ勉強のほうに力を注いで下さい!

私も就活が佳境なので勉強しなければ…
生意気ですが、お互い頑張りましょうb
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。