スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やる夫は人生

来る9月23日に開催されるボーカロイドonly event「THE VOC@LOiD M@STER」に『サークルかかんかん』として参加します~。
配置はD16で、コマイズムさんとの合体サークルになります。
夏コミ時に頒布した「君の心は、そこにある1巻」を持って行きますので、どうぞよろしく。




なんかボーッとしてたらいつの間にか前回の日記から1週間も過ぎてるんですね。
月日が過ぎるのは早いなぁ。
しかもミク小説はあれからまだ100行くらいしか書いてないというこのていたらく。
怠慢にも程がありますね。




やる夫がときめきメモリアルな体験をするようです

ときめきメモリアル世代のオイラとしてはどうしても避けては通れないスレ。
まぁ月刊ときめきメモリアルにまで手を出さなかったのは
俺のギリギリの理性が働いたおかげとも言えるわけですけど、
そんなオイラの黒歴史は華麗にスルーするとして、
とにかくこのスレの素晴らしさと来たら。

目次としてはその31までリンクが張られているわけですけど、
このスレの真骨頂はその31以降のED。これ。

もうね、一度EDを見始めてしまったら止まらない。マジで。
休日の朝にちょっと読み始めようっかなーなんて思ったら運の尽き。
間違いなく休日を一日無駄に過ごしてしまう。
ずっとPCの前にかじりつくこと請け合い。まさにニート。

まだ上記まとめサイトではグランドフィナーレが掲載されてませんけど、
それでも今から読み始めろみんな。マジで。面白すぎるから。

ちなみに読み進めれば読み進めるほど各キャラクターの魅力にとりつかれてしまいます。
オイラもかがみんに萌えてみたり
水銀党員になってみたり、
翠の子に悶えてみたりと大忙し。

いやホント、みんなマジで読んでみてくれってば。




ときめきメモリアルが青春だった奴

一応ときめきメモリアル繋がりで。
ちなみに俺の嫁は伊集院。
そして詩織はビッチでFA。
家が隣同士なんだから一緒に帰ってやっても良いじゃねーか。
どんだけ自意識過剰なんだよコイツ。




やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・1章
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・2章
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・3章
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・4章
やる夫で学ぶヴィクトリア朝イギリスの生活・最終章

これも同じやる夫スレではありますが、
こちらには目次が用意されていないのであらかじめ張っておきますね。
まぁ全5話で構成されているのであっという間に読めてしまいますけど、
内容の重厚さは本物。
エマですら語られなかった本物の下層民の生活の一端を垣間見られる良スレであります。
超オススメ。



コメント返信~。

>どんさん
図書館戦争シリーズは有川浩先生の代表作なので、もしご興味あればぜひ。
つってもシリーズは全6冊、しかも全てハードカバー小説のため
金額も大変なことになってしまうため、文庫になるのをおとなしく待つのが吉かも。
あるいはブックオフとかね。

それとパコですが、過剰な期待は禁物です(何
いやあんな感想文を書いておいてなんですけど、
すっげー期待して良いよ!と自信を持って言えるかっつーとそれも微妙なのであります。
まぁぶっちゃければ「レンタルとかで良いんじゃね?」というのがオイラの本音っつーことでw


>黒猫兎さん
>パッコパコにされてやんよ~♪ってことでパコ見るかパコ見るか悩みましたがパコ見ることにしますwww
いや、パコを見るのはオススメしますけれども、
そこまで期待して見るときっとがっかりするので、
期待半分みていな微妙に期待せず見てください(難しい注文)
何て言うのかしら、何も期待せずに見れば面白いよ、っていうレベルなので。
それって本当に面白いのかよと言われるとぐうの音も出ないわけですががが。

>君そこの感想とゆうか宣伝とゆうかそんな感じのを私のブログでやっても大丈夫っすか?
もう全ッッ然オッケーですぜマジで!
つかね、創作する者として、感想を書いてくださるのを喜ばない人間はいませんよ!
ひぐらし小説と合わせて、マジで描いてくださいドシドシと!
黒猫兎さんの感想文楽しみにしてますぜ!

ちなみに黒猫兎さんのブログはRSSに登録させてもらってるので、
毎回楽しく読ませてもらってますよw
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

はじめまして、花恋です。
本日はボーマスお疲れ様でした。あ、日付変わってますね。
いま小説を読み終わったところです。感動をありがとうございました。
ほんわかした文体とミクちゃんにとても癒されました。
主人公のキャラも素晴らし。大満足です。

ブログサイト様だったとは知らず。
これからはちょこちょこ徘徊させていただきますね!
では、乱文失礼いたしました。

缶さん、ボーマスお疲れ様でした(^^)
缶さんの本なのに「買いました~」とか「読みました~」という米を見ると私までうれしくなってしまいますww

パコ観てきましたが、缶さんの感想通り面白かったですよ!
でも人にオススメするのはちとこわいですね

それでは今からやる夫見てきますノシ
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。