スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月6日のおふれぽ。最終章

前回までのあらすじ:
缶が遊星さんを見てやおい穴を濡らした。





さて、そんなわけで始まったオフ会。
こんなオフ会に参加した暇人猛者どもは以下。



LOGIC&MATRIX 遊星さん
一流ホームページ ゴトウさん
USO8oo 北条さん
かーずSP かーずさん
BLACK徒然草 じゃまおさん
カフェオレ・ライター マルコさん
酔拳の王 だんげの方 だんげろうずさん
だったらイケるぜ! とらさん
マンガがあればいーのだ。 たかすぃさん
ニャー速。 にゃあそく。さん
ヤマカム 山田
そしてアナルの皺の数が31本あることで有名なゴルゴ31 ゴルゴ





以上のメンバーに俺を加えた13人で、此度の戦いの火蓋は切って落とされました。


そこへ、先陣を切ったのはとらさんでした。


とら「今日はですね、皆さんにお土産があるんですよ」


あらあら。こうして皆さんに出会えた記念として手土産まで持参されるとは、なかなかの御仁でいらっしゃいますな。
しかも飛び入り参加した俺の分までご用意いただいたなんて、どこまで気配り上手なのでしょう。
遊星さんに初めて出会えた記念として渡したのがナショナルの男の子のショタ同人誌などという、

どこぞのイカれたアナル31とは大違いですね。
さすがはとらさん!人間ができてるぜ!

























とら「皆さんへ一冊ずつ、バキ-SAGA-をプレゼントします」





ハッハッハ!

いやぁとらさんは冗談がキツイんだから!
まったく冗談は顔だけにしてくださいよ!


とら「ハイ、じゃぁ皆さん、バキ-SAGA-を手に持って記念撮影させてください~」


みんなバキを掲げてハイ、チーズって、あれ?誰もツッコまないの?
おかしいよ!みんなバキを手にとって記念撮影って!
料理を手にした店員さんがものすごい入りづらそうな顔してるよ!?


とら「んじゃぁ次はユンケルで乾杯といきましょうか


これはどうしたことでしょう。つまりこのユンケルは、バキでヌけというとらさんからのメッセージなのでしょうか。


暴走が止まらないとらさん。彼の指示に従順にしたがうオフ会メンバー。
きっととらさんは皆の呪詛と怨嗟を一身に浴びてでもネタと注目を集めたかったのでしょうけど、
この場で皆の注目を集めていたのは

「すみません、店内への持込は禁止とさせていただいております

と冷静に対処した店員さんでした。南無。





あ~ヤダヤダ。
これだから現実と妄想の区別もできないネット弁慶は!
もうみんなね。オフ会の妙味ってものをわかってない。
和やかな雰囲気で飲んでいる中、ちょっとした一言や仕草で笑いを持っていき、常に自分へ皆の注目を集めるようにする。コレ!
別にオフ会に限らず、この「常に注目を集める」というポイントこそがモテへと直結する秘訣なのですよ!


・・・え?
自分のサイトが100万HITを越えれば女性にモテる?




ハァ~・・・
キミねぇ。まだそんな与太話とも都市伝説ともとれない話を信じてるわけ?
もしその話が本当ならねぇ、今頃山田ゼシカおっぱいはエロすぎるとか、ゼシカのぱんつを見るために洞窟でルーラしすぎてMPが無くなったとか、そんな話はしてないわけですよ。


そんな可愛そうなネット弁慶の子羊たちに、ちょいとおぢさんが見本を示してあげましょうかねぇ。













































心霊写真?




ドラえもんで。


どうよこの青と白のコントラストが美しいフォルム!
男だらけのオフ会の中に咲いた一輪のバラ!
フッ・・・美しいバラには棘があるぜ?
さぁ!この俺の艶姿!
その目にしかと焼き付けるが良いさ!



山田「そんなことより、ヤンガスの彼女の名前って何だっけ?」



てめぇ山田!


こ、こここの俺の一世一代のコスプレをそんなこと呼ばわりか!!


マルコ「そういえばふたなりって何ですか?」


マルコさんまでっ!?

つか俺ドラえもんよ!?
キミの隣の席にいるの、ドラえもんよ!?
それがどうして、「そういえば」などという接続詞がついた後に

ふたなり
などという単語が出てくるのだね!?


あ~もう、シャラクセーッ!!
遊星さん、このボンクラどもに何か言ってやってくださいよ!
このドラえもんという最高の食材を前にして何も絡んでこないというタマなしどもに、ウィットに富んだ一言をさぁ!ぷれぜんとふぉーみー!


遊星「いやぁ、たかすぃさんのドラえもんコスプレ、面白いね」


ちょっと待ってちょっと待ってちょっと待ってちょっと待って!


俺最初に自己紹介したよね!?

俺の名前はですから!
たかすぃさんは、テーブルのはしっこでいちごパンツについて顔を真っ赤にして語ってる人だから!


ゴルゴてめぇ人がこんなに苦労してるのに、ノンキにえりんぎ食ってんぢゃねぇよ!
そんなんだからお前はいつまでたっても、アナルの皺の数が奇数のままなんだよ!!


そうして終焉を迎えた今回のオフ会。
結局最後まで注目を集めていたのは酒の飲み方を知らない山田だったわけで、なんとも言いようのないいたたまれなさが残ったわけですが、とりあえず皆さんと出会い、知り合えたこの幸運を感謝しながら岐路に着こうとした、そのとき。


遊星「あ~、缶さん。次回からキミ来ないで













































ガーン














































ちょ、ちょちょちょっと待ってくれよ!
せめて!
せめて俺の何が気に入らなかったのか、それだけでも教えてくれよ!





遊星「キミ、山田とキャラが被ってるんだよねぇ












































ガーン















































缶「そ、それなら次回のオフ会では山田を切る方向で検討してください!」
山田「あ!何を裏切ってやがる缶!!」



遊星「いや、次回の飲み会では二人とも呼ばないから」












































ガーン
ガーン














































い、いかん・・・このままでは・・・このままでは、本当に次回のオフ会には参加できなくなってしまう・・・!!
遊星さんの機嫌を直すには、どうすれば、どうすればいいんだ・・・!!














































  


コレで良し。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

遊星さんとこのレポで缶さんがあり得ないくらいに無視されているのはどういう事でしょう?

そういう事でしょう。
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。