スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこEp4ネタバレ感想日記そにょ12

ネタバレでござるの巻。
あああああああああああ!!!
ちくしょおおおおおおおおおおおおおお!!!
楼座死にやがれこのド外道があああああああああああああああああ!!!!



いやね、これまでにもド外道なキャラはいくらでも見ましたよ。
鷹野とか家族計画のなんとかいう男とか。

でもさ、でもこの楼座は違うでしょうや!

自分の娘に、何よりも血を分けた娘に対して
「あんたなんか生まなければ良かった」
なんて叫びやがって、そりゃ絶対に言っちゃいかんでしょうがよ!
あああああああもおおおおおおおおおおおお!
この滾る怒りをどこにぶつければ良いんだちくしょおおおおおおお!

もうこれは誠死ねとかそんな生ぬるいレベルじゃない。
真里亞がそうしているように、
まさしく八度八つ裂きにしたところでまだ足りぬ怒りでありますよ。
いやこれは怒りとかではなく、それすらも超越した純然たる哀しみなのですよ。
哀しくて寂しくて、あまりに重すぎる哀しみによって心を壊してしまった女の子が、
自分の逃げ場所として、憩いの相手として、安らげる安寧の寝床を求めて、
そうして生み出したのが「さくたろ」という悲愴きわまる幻想なわけですよ。
だからこれは哀しい復讐劇でもあり、
娘を心から愛することができなかった女のツケであり、
あるいは母娘の悲嘆や懊悩を掬ってやれなかった親戚たちの非情さを嘆く物語ともいえるのでしょう。

あー。
でもなー。
いま思い返すと、Ep2の楼座無双は一体なんだったのだろうとの思いを抱いてもみたり。
あの楼座は確かに良き母であろうとする姿を体現してたのになー。
金塊を手放して、護身用のライフルと娘の手を取って逃避を続けたというのに、
Ep4におけるこのド外道っぷりはどうなのよ。
どちらが本当の楼座なのかわかりかねております。

ここらへんは出来るだけ早く決着を付けてほしいなぁ。
何よりも真里亞が可哀想すぎる。
憎んで良いのか、それとも愛して良いのかわからない母親なんてホント質が悪いぞ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。