スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スプライトシュピーゲルの萌え加減たるや

スプライトシュピーゲル 4巻


冲方丁の「スプライトシュピーゲル 4巻」を読んでる最中。面白い。

あーもう。あーもう。
この猛り狂う想いをどのように表現すれば良いものやら!

オイレンシュピーゲル 3巻でもそうでしたが、
登場人物たちの日常を描いた物語ってのは
ただそれだけで途方もない魅力をゆんゆんと放ち続けるものでありますが、
このスプライト4巻に収録されているフロム・ディスタンスという短編の濃密さときたら、
読んでるそばから胸中をどろどろに溶かしつくされるほどの甘さに満たされていて、
ニヤニヤとキモい笑いを抑えるのに必死でありましたよマジで!

自分の想いの正体に気づかない雛も可愛いし、
相手を思うが故に貧乏くじを引いてしまう水無月もいじらしいし、
言葉にできない気持ちを抱き始める乙も愛らしいし、
ニヒルな日向が不器用ながらも乙に確かな愛着を示すところもかっこいいし、
映画館で笑い転げるヘルガ長官激萌えだし、
そんなヘルガ長官に心身共に捧げ尽くそうとする白雪姫ことニナも健気だし、
酒を飲んで陽気な御影の意外な一面も見られるし、
そして何よりも、
初々しすぎて見てるこっちが恥ずかしくなってくる鳳&冬馬のカップルの愛くるしさたるや、
もう筆舌に尽くしがたし!

あーもーちっくしょー!

冬馬と鳳はこの初々しくも進展のない関係をずっとこれからも続ければ良いのに!
手を繋ぐことすらできないような、
ストイックでありながら不器用すぎる恋愛を3年は続ければ良いのに!
そしてずっと俺たちをドギマギさせ続けてくれれば良いのに!

さて、これからテンペストを読み始めようと思います。
つか本当はオイレンシュピーゲル 3巻の感想を書こうと思ってたのですけど、
このフロム・ディスタンスの破壊力が抜群すぎて
すっかり書く気力が失せてしまいました。
恐ろしい子だスプライトシュピーゲル。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

vmwkq

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。