スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

純然たる希望を胸に、嵐の宙を駆けてゆけ「スプライトシュピーゲル 4巻」

スプライトシュピーゲル 4巻


冲方丁の「スプライトシュピーゲル 4巻」を読んだ。面白かった。

何について語れば良いものやら。
これほどまでに圧倒的な物語を前にしては、
読み終えた後に感想文を書こうとしても
どんな言葉を見つけることもできないくらい
ただただ打ちのめされてしまう、
そんな戸惑いにも似た想念を抱かずにはいられない物語でありました。

本書は2部構成に分かれておりまして、
まずは第一部の「フロム・ディスタンス」から。

とにかくフロム・ディスタンスにおける鳳の心理描写は本当に凄い。
いや鳳のドSな側面が見られるとかそんなことではなく、
いやいやそれも本当は重要なんだけど、
つか冬馬の弱々しさは陽炎も認めるほどの逸品だそうだし、
そらーみんな冬馬のアナルを舐めたくもなるよなあとの感慨に耽ることしきりなのですが、
まぁそれは置いといてですね。

鳳の微妙かつ繊細な心理を、大胆でありながら精密に描いてるんですよ。
特にクライマックスにおける鳳と冬馬の会話は素晴らしいの一言。
自分の弱々しい部分をさらけ出し、
相手に受け入れてほしいと思う一方で、
「本当にこの人は自分を受け入れてくれるのだろうか」
という不安と疑念を拭いきれず、
どうしてもどこか刺々しい言葉で冬馬を突き放さずにいられない、
そんな鳳のジレンマが凄く巧みに表現されてて、
読んでるこちらとしてもひどく切ない気持ちに晒されてしまうのです。
にもかかわらず、そんな鳳の葛藤を知ってか知らずか、
冬馬は彼女の言葉をすべて受けきってみせ、
しかも余りにも温かな言葉でもって彼女をふわりと包んでみせる冬馬の姿は、
まさしく母性愛とも父性愛とも呼べる柔らかな愛情に満たされていて、
貴重な休暇の最後を締めくくるに相応しい、
余りにも優しい一場面となっているのです。

スプライトシュピーゲルといえば1巻から3巻まで、
余りにも哀しく、切なく、やりきれない物語がずっと続いてきましたが、
このフロム・ディスタンスという短編は、
ようやく彼女らの心にいくらかの安寧がもたらされたことを実感でき、
僕ら読者もほっと気を安らげられる素敵な物語であります。

あーもう、本当にこの短編は素晴らしかった。
つかこの物語は4巻に収録したからこそ、
これほど強烈な印象を持つことができたんでしょうな。
これは1巻に持ってきてもだめだし、2巻や3巻でもだめだった。
1,2,3巻の悲劇と苦悩を経験し、かつそれらを乗り越えた4巻だからこそ、
途方もない重みを伴いながら僕らの心に深く印象づけられるのです。

昔から冲方先生は細やかで繊細な……というよりも
ディープで重厚な心理描写をなさるお方でありましたが、
このスプライトシュピーゲルにおいては難解な表現はなりを潜めて、
わかりやすく、かつ共感しやすい表現に止めてられており、
とにかく読みやすいことこの上ない。

いやはや、本当に冲方先生はこのシュピーゲルシリーズで化けましたなぁ。
オイラの中では冲方作品というと
マルドゥックヴェロシティが一番のお気に入りでしたが、
このスプライトシュピーゲルこそベスト冲方に置いてしまいたいくらいの傑作。


続いて第2部である「テンペスト」。

これも本当に凄い。

兎にも角にも真に恐ろしいのは、
大局から細部に至るまで、
すべての伏線が寸分違わず終局へ向けて
一直線に収束していくその構成力でありましょう。

物語の中で特に荒唐無稽と思えたのが、
登場人物たちが余興として遊び始めたテーブルトークRPGでありましょう。
世界情勢をテーマにした壮大なTRPGが
劇中で40ページにもわたって繰り広げられるのですが、
この『お遊び』ですら
「スプライトシュピーゲル」という壮絶な物語において
余りにも痛切な至言を残すのに一役買っており、
すべての事件の終局を迎えたときには
TRPGの中で語られたいくつものメッセージが
少女たちの胸中に去来していくのを感じられるのです。

そう、そのメッセージこそがこのスプライトシュピーゲルという
悲嘆に過ぎるこの物語の主題とも言えるでしょう。

信じるものも、純粋なものも、美しいものも、
かけがえのないものも、未来への希望も、理想をかなえたいという夢も、
何もかもが目の前で粉砕されていく現実。
精一杯手を伸ばしても救うことのできなかった痛悔を越えて、
それでも少女たちは遺された想いと託された希望を背中の羽根に乗せながら、
決然たる覚悟を胸底にしっかと抱きつつ
敢然とした態度で戦場へと駆けていくのです。

そう、まさしくそこは戦場でありました。

百万人もの人口を抱える国際都市でありながら、
ただ互いを殺し合わずにいられない無情なる戦場が
都市に生まれ出でてしまった現実と、その悲哀。
そしてかの戦場にて出会った強大な少年から
おもむろに投げかけられた、あるメッセージ。
「君も心を失ったのに、そんなにもまだ生きている。心を取り戻すために……」

それは『生』に執着しながら『生きること』を見失った、
余りにも哀しい少年による心からの絶叫でありました。
痛々しいほど強烈なその言葉は、
苛烈な銃火さながらに少女の胸を貫いて、
ただ『生きる』ということに凄絶な希望と
悲愴きわまる疑問を同時に抱かされるのです。

ここでも、冲方丁氏の『生』に対する強烈なこだわりを垣間見ることができます。
氏の傑作「ばいばい、アース」において、
ラストで主人公ベルがこのような台詞を残しております。
「私はお前たちに飲み込まれるには、あまりにも生きてここにいるぞ!」

何という傲慢さであり、何というエゴの塊でありましょう。
しかし『生』とはまさしくこれほどの昂る想いがあってこそ
初めて向かい合うことのできる熾烈な障害であり、壁でもあり、
そして地平へと続く道そのものである、
そんなメッセージを氏はベルという少女を通して語っておられるのです。

ばいばい、アース」における少女ベルの雄叫びと、
スプライトシュピーゲル」における少年の絶叫。

この二つの台詞は相似形でありながら
互いに相反する力強さと悲愴さが込められて、
僕ら読者に言いようのない迫力と説得力を伴いながら襲いかかってくるのです。

これぞまさしく、鬼才・冲方丁の真骨頂。

物語に終始漂う哀切に過ぎるメッセージに胸を打たれるもよし、
次々と展開する戦況にただ翻弄されるもよし、
恐るべき構成力を前にテンションを奔騰させるもよし、
そして愛らしすぎるアリスに心を萌え上がらせるもよし、
とにかく『面白い』の一言で終わらせるには
余りにも言葉が足りないと感じさせてくれる本作。
少しでも興味を持たれたならば今すぐにでも読んでみてください。
絶対に後悔はさせません。
一生のうち一度は読んでおきたい一冊であります。




関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

nbycbe

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。