スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界の紛争問題を一冊に凝縮「世界紛争地図」

世界紛争地図  角川SSC新書世界紛争地図 角川SSC新書
(2010/03/10)
「世界情勢」探究会

商品詳細を見る



本書を通読してつくづく考えさせられたのは
民族・氏族・宗教対立という溝の深さだ。
相手を理解できないか、相手を理解しないか、
自分たちの利益を最優先にした結果「差別」が生まれ、
差別が不満を生み、不満が対立を育て、対立が暴動へ発展する。

世界中で発生している紛争を事細かに説明するのではなく、
ひとつの紛争につき5~7ページ程度にまとめられた
概要を説明しているにすぎないが、
それでも全世界の問題を俯瞰するのには非常に役立つ。
またそれぞれの事件や紛争は独立したものではなく、
歴史的に見ると意外なところで繋がっることがわかったりもして、
実に興味深い。

ニュースなどで「ガザ地区」や「アフガニスタン」などの用語は見聞きしても
なぜ紛争が発生しているのか、どういったことが問題なのか
いまいち理解できていなかった人は
本書はよい入門書になるだろう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ciprloeyn

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。