スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三島由紀夫はド変態

三島由紀夫の「仮面の告白」を読んだ。面白かった。

この小説は三島由紀夫の文壇デビュー作で、
同性愛を取り扱った衝撃の作品として世間の注目を浴びたらしく。

今でこそ同性愛というジャンルはそれほど珍しくはなくなってきたけれど、
戦後間もない当時としてはとてもショッキングな内容だったらしく。

いや、まぁ確かに非常に生々しい描写がこれでもかと出てくるわけですけど、
それでもこの本における最高の見所は同性愛描写ではなく、
その類稀なるオナニー描写にこそその真価を見出すべきではないかと。

もうね。
初オナニーのシーンとかマジ凄すぎ。ホント悶絶必至。
今までこれほど激しく、精力的な、ある種の威厳に満ちたオナニーシーンを俺は見たことが無い。
例えばエヴァンゲリオンの例のシーンなどは、種々の背徳的・退廃的な演出でもって描かれてるじゃないですか。

でもね。三島由紀夫は違う。
そこにあるのは確かに背徳の香りなのだけど、
それよりもなによりも、ただただ読者を圧倒するほどのパワーが漲ってる。
ほら、上連雀先生も「セックスの神様に謝りなさい!」とか読者の度肝を抜く台詞が目白押しじゃないですか。
それと同じ。

参考のために注目のオナニーシーンを一部抜粋すると、

 私の血液は奔騰し、私の器官は憤怒の色をたたえた。
 この巨大な、張り裂けるばかりになった私の一部は、
 今までになく激しく私の行使を待って、
 私の無知をなじり、憤ろしく息づいていた。
 (中略)
 私の内部から暗い輝かしいものの足早に攻め昇ってくる気配が感じられた。
 と思う間に、それはめくるめく酩酊を伴って迸った。


これですよ。
つか憤怒ですよ。
めくるめく酩酊ですよ。
エロ同人界においては
「ちんぽみるく」
とか
あ~り~あ~し~こ~し~こ~さ~れ~ち~ゃ~っ~た~
などの奇抜かつクリエイティブな表現が席巻しているわけですけど、
それでもこの三島の「憤怒」や「めくるめく酩酊」などの表現を
現代の視点で読み返しても、
全く持って色あせていないあたりさすがとしか言い様がなく。

で。

この小説の凄いところはこれだけではない。
もうね。
主人公はマジでド変態。

ただの変態じゃない。ド変態。

この主人公、ホント猿なんじゃねぇかっつーくらいオナニーばっかしてるんですけど、
二回目のオナニーとかホント一見の価値あり。
だって、二回目でいきなり青空オナニーですからね。

あのだんげさんですら人生で一度しか経験したことがないという青空オナニーを、
この主人公は早々に経験してしまっているわけですよ。

空には真夏の太陽が凛然と輝き、
地上の草木には太陽の光が塗りたくられ、
一人佇む主人公の肌を焼き付けてきます。

視線をまっすぐ伸ばせばまっさらな水平線が広がって、
見渡す限りの砂浜は黄金に炒られた輝きに染まり、
寄せては返す波が次々と主人公の足元を洗っていきます。
耳に聞こえるのは、
定期的に転がってくる波の音と、少し強めに吹く海風。
他に人の気配はありません。

そんな中で、主人公はおもむろにオナニーを始めます。
しかも今回は自分のワキ毛をオカズにして。

例のワキがエロい巫女をオカズにするとかならまだわかりますよ。
確かにあの巫女のワキはエロい。それは認める。

でもね。自分のワキ毛でオナニーですよ。
どんだけ自給自足してるんだっつー話ですよ。

しかもこの主人公、真夏になると人々の服装が薄着になるのが非常に興奮するらしく、
それだけで日に5回はオナニーしないと気がすまなくなるそうな。

つか5回ですよ5回。
幕張の奈良でさえも日に3回のオナニーライフだったというのに、
栄養が行き届かない戦後の日本において、
日に5回ものオナニーをこなすという主人公の絶倫ぷりたるや、
その繁殖力はズールに勝るとも劣らないと言えましょうや。

とまぁ終始オナニーの話しかしてこなかった今回の感想ですが、
オナニー以外でもちゃんと面白い部分はそこそこ残されているので、
過激なオナニー・新しいオカズの境地を拓きたいという
チャレンジスピリッツを忘れない若人たちは
ぜひ読んでみれば良いと思います。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

pgqbqdq

mXKZoM <a href="http://aijifehammac.com/">aijifehammac</a>, [url=http://rpfbifcfkcmz.com/]rpfbifcfkcmz[/url], [link=http://vyhp

b6jrodY, http://vlammenvoordevrijheid.nl webcamsex, 149,

b6jrodY, http://vlammenvoordevrijheid.nl webcamsex, 149,

4jVKo, http://livesex.are-design.nl sexcam s on http://livesex.are-design.nl, :DDD,

FoWb, http://quickloanszippy.com by means of quickloanszippy.com, bufp,

FoWb, http://quickloanszippy.com by means of quickloanszippy.com, bufp,

5uQG, http://quickloanszappy.com were created by quickloanszappy.com, 86583, http://quickloanszappy.com quick loans, 806,

5uQG, http://quickloanszappy.com were created by quickloanszappy.com, 86583, http://quickloanszappy.com quick loans, 806,
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。