スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Facebookの実名登録という名の危機「ニューズウィーク日本版 2012/2/22」

Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2012年 2/22号 [雑誌]Newsweek (ニューズウィーク日本版) 2012年 2/22号 [雑誌]
(2012/02/15)
不明

商品詳細を見る


今週の特集はFacebookの危険性について。
Facebookは我々の情報を事細かく採取して、
それを広告会社に売り渡すことで利益をあげていることを問題視している。

もちろんそれは問題だ。
だがインターネットに繋いだ瞬間に
我々のアクセス情報がどこかの企業に集約されている可能性というのは
皆がよく知っているべき常識だ。

インターネットも現実世界もほとんど変わらない。
どちらも不用意な言動をすればすぐに自分に跳ね返ってくる。
たとえそれが「誰も見ていない」と思われていた路地裏であったとしても、だ。
今の時代はその「路地裏」が「インターネットサイト」になっただけのことであり、
あとは誰に見られても恥ずかしくないような行動をしていれば良いだけの話なのだ。

誤解しないでいただきたいのは、私はFacebookのビジネススタイルに賛同しているわけではない。
要は、インターネットを利用する我々の覚悟が足りないことについて警鐘を鳴らしたいだけである。

これについてはもともと日本人の方が本能的に理解しているのかもしれない。
日本人は集団への帰属性が極めて高く、
集団の意志に従うことをほぼ強制される。
そのような環境下に於いては、個人主義が浸透している欧米諸国に比べて
「本音と建て前」の使い分けを巧みに使いこなさねばならなくなる。

日本人は「本音」を集団のなかで零してしまったときの危険性を肌で感じ取っているが、
アメリカ人にはそれが足りなかったように思える。
だからこそ、いまさらFacebookの「実名登録」というやり方に危機感を募らせているのだ。

Facebookに衰退が訪れるとしたら、
世界中の人々が「実名登録」に嫌悪感を抱き始めたときが
その予兆となるのだろう。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

芹那 放送事故どころか、激似か本人かのAV映像がアクセス急上昇中!!

【芹那本人か?!激似のAV動画がネットで話題騒然!!アクセス上昇中!】

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ktrjrgt

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。