スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若さ故の苦悩が精緻に描かれた傑作「クドリャフカの順番」

クドリャフカの順番 (角川文庫)クドリャフカの順番 (角川文庫)
(2008/05/24)
米澤 穂信

商品詳細を見る


アニメ放送に触発されて再読。
うむ。やはり面白い。

どこか現実離れした文化祭の艶やかさの陰で、
人を食ったようなエンディングが鈍く光る素晴しい構成。
序盤から中盤にかけて、ずっと「ただ楽しい」という感情だけを享受していながら、
ラストに於いて読者の心にすとんと陰を落とし込んでくる技量は簡単を禁じ得ない。

それでも、僕はやはり文化祭の空気の描写に喝采を浴びせたい。
このような「浮世離れした」お祭り騒ぎを読んで
真っ先に思い出したのは森見富美彦氏の「夜は短し歩けよ乙女」だ。
あの作品は最初から最後までずっとふわふわとしたファンタジーだった点に於いては
本作と厳密な比較はできないけれども、
少なくとも「文化祭」という題材における
登場人物たちの浮き足だった「楽しさ」や「喜び」「興奮」といったものは
非常に洗煉された筆致で表現されていたように思える。

10回読んでもまだ飽きない、スルメのような小説だな、これは。
またいつか読み返そう。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

tbeou

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。