スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西洋哲学の歴史がこれ一冊に凝縮「反哲学入門」

反哲学入門 (新潮文庫)反哲学入門 (新潮文庫)
(2010/05/28)
木田 元

商品詳細を見る



木田元の「反哲学入門」を読んだ。面白かった。

タイトルに「反哲学」などと銘打っているため、
ただでさえ難解な哲学というジャンルにおいて、
さらに詳細に細分化された哲学の一ジャンルに関する書物かと思いきや、
中身は西洋哲学の歴史を紐解き、
ソクラテスからハイデガーにいたるまでの"真理"”存在”に関する探求の歴史を
非常に分かりやすくまとめられた珠玉の一冊だ。

本書では、哲学という分野がなぜ日本人にとって馴染みが薄く、
かつ非常に難解な学問であるかということを、
プラトンから始まる”超自然的原理”の考え方にあるという。

人間でもない、自然でもない、あらゆる真理や存在を見通し、
理屈では無く感情や本能で物事を理解・把握できるのは、
"イデア"という自然を超越した魂の根底の部分によるものであるとするプラトンの理論は、
その後キリスト教の教えと結びつくことで"神"という概念をより強固なものとし、
その後の西洋哲学に非常に強い影響を与えた。

しかしこの"イデア"による"超自然的原理"は西洋哲学独特の考え方であり、
日本はもとよりアジア諸国や中東諸国においてすら到底生まれえぬ概念だったし、
ゆえに西洋人以外の民族が西洋哲学を本当の意味で
理解することなどできない考え方だったのだ。

なぜなら日本人にとって、人間とは自然の一部として存在するものであり、
神もまたそれら自然のなかに溶け込み、息づいているものとしている。
だがキリスト教は違う。
聖書にもあるように、世界とは万能の神の手により構築されたものであり、
人間は神が自身の姿を似せて作ったものなのだ。
そのような宗教観をもつ西洋人が考えた哲学が、
まったく異なる宗教観をもつ日本人に理解できるはずなどないのだ。

例えばデカルトの「我思う、故に我有り」という有名な言葉があるが、
これは「自分の存在を疑い続けている自分」の存在は疑うべくもないとして、
これを出発点・第一原理として自己の存在を確立していった。
そのなかで「自分を自分たらしめる意識」こそ人格理性であり、
ここには「神の出張所」とでも言うべき、
神の後見を得た生得的観念を同時に持ち合わせている、としている。

このような「神の理性の後見」を廃したうえで「存在すること」を
定義してみせたのがカントの「純粋理性批判」だ。
カントは理性的認識の範囲を、純粋理性批判になかで理性そのものの
自己批判によって明らかにしようとした。
これをヘーゲルが弁証法を用いて拡張し、
このことにより人間社会全体に通ずる精神と、世界全体への超越論的主観を手に入れた。
超自然的原理による思考様式はここで完成されたとされている。

そこへ、ニーチェがプラトン以降の西洋哲学をニヒリズムと呼び、
ニヒリズムからの脱却を図り、プラト二ズムを批判した。
これまでの西洋哲学のわかりづらさは、
自然を超越した超自然的原理から観測することで発展してきたが、
しかし人間もまた自然の一部で有り、
超自然的立場など仮定したところで詮無いことであるとし、
超自然的原理を仮定せずとも成立する哲学を構築しなければ
これ以上の哲学の発展はない、
とニーチェは批判した。
木田氏自身、超自然的原理を必要としない哲学を、
それまでの西洋哲学と対極を成すという意味も込めて「反哲学」と呼び、
別の学問体系として区別した方が良い、と論じている。

哲学の歴史をこのように理解することで、
確かにデカルトやカントの「理性」の分かりづらさが理解できたような気がした。
「すべて道徳をそなえた人格理性が、人間の意識の中に『神の出張所』として
 意識の根底に根付いている」
などと言われても、日本人の私たちにはさっぱりピンと来ない。
しかしこれはキリスト教的に考えれば、ごく自然な考え方なのだ。
神の僕で有り、神によって作られた人間のなかに、
神の理性の後見が植え付けられていると考えるのは自然である。
「これからの正義の話をしよう」のなかでも
カントの道徳・定言命法の考え方が論じられていたが、
いまひとつ理解しづらかった理由はここにあったのかと得心できた。

本書を読むことで「これからの正義の話をしよう」のような道徳観や問題意識を
抱けるようになるわけではないが、
それでも「哲学」という学問に少しでも興味を持った方には
ぜひご一読いただきた一冊だった。おすすめ。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ijqoofka

sdofkg

briwax http://instantpaydayloans.me/#45652 instant payday loans

rvkvw

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。