スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識、言葉、生命とは何か「屍者の帝国」

屍者の帝国屍者の帝国
(2012/08/24)
伊藤 計劃、円城 塔 他

商品詳細を見る


屍者の帝国を読んだ。おもしろかった。
夭逝の天才・伊藤計画氏の絶筆を、同氏が遺したプロローグ部分とプロットを基に円城塔氏が執筆した大作。
本作は死んだ人間を、物言わぬ機械同然の屍者として再利用する技術が発展した世界の物語。
時代設定は19世紀末、国はロンドンから始まりアフガニスタン、アメリカと文字通り世界中を冒険する。
そしてなにより耳目を集めるのは、主人公があのシャーロック・ホームズの名助手ジョンワトソンであることだろう。
本作はホームズに出会う前のワトソンが、アフガン戦争でいかなる経験をしたのか、という仮定から想像を膨らませて出来上がった物語。

こう書くと、本作はあたかもホームズのブランド力を借りた三流SFをイメージしてしまうかもしれない。
しかし、それは誤りだ。
本作の裏に込められたら伊藤計画氏の思いや狙いは、そのような浅ましい邪推などでは決してないことに、読み終えた読者は気づかされるに違いない。

これは死と生の境界を根底から問い直す物語だ。
意識とはなにか、魂とはなにか、生きるとはどういうことなのか。自我とは何か、私とは誰なのか。私を認識する私は本当に私なのか。
屍者という技術が発展してしまったが故に、死と生の境界が曖昧となり、無限の問いを繰り返すワトソン。
遂に答えを得られなかった問いの果てで、ラストを飾るのはある人物の独白だ。

その、独白。
それはあまりにも鮮烈で、あまりにも純朴で、そしてあまりにも美しい独白だ。
この物語はこの独白のためにこそここまで紡がれたのだという思いを確信させてくれる、素晴らしい締め括りだった。

物語のなかに散りばめられたあらゆる伏線の上で成り立つラストの独白には、賛否両論あるかもしれない。
この独白によって解決される謎など何もないからだ。
しかしこの独白にこそ、ワトソンや彼が追い求めてきた冒険や行動への一つの答えが込められているのだ。

非常に素晴らしい小説でありました。
凄く分厚くて、長くて、読む人を選ぶ小説だけど、自我や意識への問いというワードに興味を持った方はぜひご一読を。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。