スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の死を見るという好奇心に突き動かされた少女たち「少女」

少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)少女 (ハヤカワ・ミステリワールド)
(2009/01/23)
湊 かなえ

商品詳細を見る



湊かなえの少女を読んだ。面白かった。

湊かなえというと、僕が読んだことがあるのは
本屋大賞を受賞し、映画化もされた「告白」くらいしかなかったのだけど、
告白は非常に洗煉された素晴らしいミステリーだったため
この少女も発売された直後に即効で作家買いしたにも関わらず
3年以上ずっと本棚の肥やしにしていたのをこの度ようやく読了した次第。

主人公は由紀と敦子。高校二年生。
二人は人の死ぬところを見てみたいと、夏休みを利用してそれぞれ別々の行動を取る。
由紀は入院患者向けの童話の読み聞かせボランティアに、
そして敦子は老人ホームのボランティアに参加する。

その中で様々な経験をする二人は、数多くの偶然に翻弄されながらも
多くの人の優しさや温もりに触れて、貴重な経験を経て大きく成長していく。

そう、この小説の神髄は青春小説なのだ。
ミステリーとしての出来映えもさることながら、
高校生特有の悩みを生々しく精緻な筆致で描かれている。
そして夏休みの僅かな、しかし貴重な体験を経た二人が、
クライマックスでどのような顛末を迎えるのか、是非ご覧いただきたい。

告白のような衝撃的なミステリーを期待して読んでしまうと肩すかしを食らうかもしれない。
しかし前作にも見られた独特の読後感は本作でも健在だし、
告白を気に入った方は是非本作にも手を伸ばしていただきたい、
そう思える一冊でございました。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。