スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

魔人同士の忍術合戦 山田風太郎「くノ一忍法帖」

くノ一忍法帖  山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)くノ一忍法帖 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)
(2012/09/25)
山田 風太郎

商品詳細を見る


山田風太郎の「くのいち忍法帖」を読んだ。面白かった。

今更山田風太郎という作者のことを説明することはないと思うけど、
マンガ好きの人たちの間でもっとも有名な作品といえば
「バジリスク」の原作でもある「甲賀忍法帖」だろう。
この甲賀忍法帖とは、伊賀と甲賀の忍者たちが魔技を駆使しながら死闘を繰り広げるという
極上のエンターテイメント作品だ。
甲賀忍法帖では伊賀・甲賀それぞれ10人の忍者が互いを殺し合うストーリーだったが、
このくのいち忍法帖では、信濃の女忍者と伊賀の忍者による殺し合いが展開される。

大阪城を攻め滅ぼした徳川家康。
炎上する大阪城からからくも救出した千姫の安全を
家康は心から喜んだが、しかし千姫はすでに心の底から豊臣家の人間となっていた。
そして豊臣を滅ぼした家康を心から憎んだ千姫は、
秀頼の血をこの世に残すため真田が考案した秘策に己の運命を委ねる。

その秘策とは、真田の女忍者5人に秀頼の子を孕ませ、豊臣家の血を残すこと。

千姫自身が秀頼の子を宿してしまえば千姫自身を殺めかねないと判断し、
側室として侍らせた女忍者に種を宿させた真田の目論見。
かくして家康は豊臣の血をこの世から抹消するために
魔人とでも呼ぶべき伊賀の忍者5人を呼び寄せ、彼らに女忍者の抹殺を命ずる。
かくして、人智を超越した忍術を操る魔獣たちの、血で血を洗う抗争が始まる……。

この小説のタイトルにもあるとおり、主人公はくのいちであり、
くのいちを擁護し保護している千姫たち一行である。
そして彼女らとその腹に宿した胎児の命を狙わんと画策するのは、
他でもない、豊臣家を滅ぼし、千姫の実の祖父である家康である。
そう、これは千姫と家康の戦いであり、くのいちと忍者の戦いでもあり、
さらに端的に言ってしまえば男と女の戦いなのだ。

男と女と一言で言ってしまえど、彼らの胸中で輝くのは括弧とした覚悟である。
そこにあるのは男の支配欲であり、亡き主君や夫への忠心であり、そして女としての矜恃と意地なのだ。
恐るべき忍術を前に屈することがあろうとも、
ただでは死なず一矢報いて相手をも道連れにしていく最後の覚悟は、
ことごとくが凄惨であり、それでありながら強靱な美しさを秘めている。
次々と披露される怪術とでも呼ぶべき忍術の数々は、いずれも凄絶の一語に尽きる。
そしてそれらを駆使しながら、「このような術をどのようにして破り、相手を屠るのか」と
期待と不安を抱かせ、そして痛ましい場面を連想させながらも次々とページをめくらずにいられない
物語展開は本当に見事だ。

そして繰り返された死闘の果てで、家康と千姫はどちらの想いが強かったのか、
どちらの意地がまかり通ったのかを思い知ることになる。
かたや冷血に徳川の繁栄のみを求め、豊臣を根絶やしにすることだけを病的に求め続けた老人。
かたや愛する夫を誅殺され、復讐に燃えるうら若き乙女。
二人の想念がぶつかり合うのは、本当に最後の最後の一ページだ。
くのいち忍法帖という長編小説の最後を締めくくるに相応しい、恐るべき一ページとラストの一行が
読者の心の中でいんいんと響き続ける。

数十年前に刊行されたとは思えぬ素晴らしい力作。
これこそエンターテイメントの本質であり、超人同士のバトル小説のはしりとでも呼ぶべき作品だ。
おすすめ。
関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【魔人同士の忍術合戦 】

くノ一忍法帖 山田風太郎ベストコレクション (角川文庫)(2012/09/25)山田 風太郎商品詳細を見る山田風太

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マジパネェ!

Z6617N7L
パチンコと競馬とFXで膨らんだ借金【150まん】・・・
一気に返せちゃいましたwwwwwwwwwww
エロお姉たま、Wで美味しい思いさしてもらってマジありがとうwwwwwwwww
http://8wvUhQ0p.k.eib3.com/8wvUhQ0p/

いいねぇ~
プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。