スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うみねこネタバレ感想日記

うみねこEp2のネタバレ含むので要注意!


というわけでようやくうみねこ開始。
とりあえず今月中にはうみねこと、先日の忘年会でイヤと言うほど薦められたこんにゃくを完走しようかと。

で、うみねこをインストール、プレイ開始。
5分後。


譲治死ねよ。


つか何だこれ。
何の仕打ちだコレ。
何が悲しくて貴重な三連休を潰して馬鹿ップルの浮かれ加減を見なければならんのだ。
ゲームをプレイしていてこれほど悲しくなってきたのは、
クリスマスに炎多留をプレイしていた学生時代以来ですが、
まぁ今日は男の喘ぎ声が聞こえてこない分まだマシだと自分に言い聞かせつつ、
どうにかこうにかプレイ続行。

つかアレですよね。
譲治は本当に勘違いにも程がありますよね。
おめぇマジでその眼鏡カッコイイとでも思ってるのかと。
そのネックレスとか富竹リスペクトにも程があるだろと。
んでそのジャケット脱いだら、そのシャツはタンクトップなのか。おめでてぇな。

そして調子付いた譲治は紗音タソにケーキをあ~んさせてもらったりしてましたけどね。
おめぇホントぶっ殺されたいのかと。
んでそのまま従う紗音たんも紗音たんですけど、
もしここで「そんな恥ずかしいこと出来ません」と至極まっとうな拒否をされたら
コイツは一体どうするつもりだったのでしょう。

まぁEp1においてあれほど積極的な一面を見せた譲治のことですし、
きっと「これは命令だよ」とか眼鏡を光らせながら言うに決まってます。
このエロ眼鏡が。

しかも一口食べるや否や、
「・・・ふむ、どうも蜜が足りないなぁ。
 紗音、蜜を足してくれないかい?」
とか無茶な要求をしてくるわけですよ。
で、ここが屋敷ならばいざ知らず、水族館の展望レストランにそんなものあるわけがありません。
そこで

「ごめんなさい、せめてガムシロップでもあれば良かったのですけど・・・」

と何とか誤魔化そうとする紗音たんに、譲治が一言。

「何を言ってるんだ。あるじゃないか。
 君の股間に、愛液という名の蜜がね

とか眼鏡を光らせながら言うわけですよ。
んで紗音たんが拒否すれば「これは命令だよ」で駄目押し。
このド変態が。
おめぇは自分のワキ毛でオナニーしてろって話ですよ。


で、えーと、何の話だっけ?

あぁ、そうそう。うみねこね。
まぁこんな日記を書いているところで物語が展開するわけでもなし、
とっととゲームに戻りますわ。

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

缶

Author:缶
SS書いたり読書感想文書いたり仕事のあれこれを勝手気ままにダダ漏れさせる予定のようなそうでないような。

缶のTwitterアカウント

缶のpixivアカウント

オススメ!

最新記事
リンク
ブログ内検索
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。